FNNLocal

福島・猪苗代町のスキー場を運営する会社から670万円余りを横領した疑いで、元社長の男が逮捕された。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、群馬・昭和村の介護職員・佐川武彦容疑者(45)。
警察によると、佐川容疑者は、2012年の2月、当時社長を務めていた猪苗代町の沼尻スキー場で、会社の預金口座から、672万円を横領した疑いが持たれている。

佐川容疑者は、個人で買い物をする度に、会社の口座から購入先に代金を振り込む手口で横領を繰り返していて、調べに対し、容疑を認めているという。

余罪は、1,000万円以上にのぼるとみられている。
(FNNLocal)