全日本スキー連盟(SAJ)が、
スノーボードのW杯を来年2月にプロ野球ダイエーの本拠地・福岡ドームで開催する方向で、
最終調整していることが10日までに分かった。

SAJによると、スキーのW杯が屋内施設で行われるのは初めてという。

実施する種目はビッグエアで、国際スキー連盟(FIS)は前向きに検討し、昨年9月に福岡ドームを視察。
2月中にドーム側と使用料などの条件を詰め、スポンサーを確保した上で、6月のFIS理事会で承認を求める方針。
FISは、観客動員が期待できる大都市での開催を奨励している。