サマースノーボード アプローチキッカー

13日に新潟県村上市にてスノーボード練習施設「日本最大級 サマースノーボード アプローチキッカー」が完成し、竣工式が行われた。

式には平野歩夢らが登場し、関係者にデモを披露。その様子をローカルのニュース番組が紹介している。
以下、ニュース全文と動画。

NSTスーパーニュース特集 「サマースノーボード アプローチキッカー」 竣工式

銀メダリストに新たな練習拠点が出来ました。

村上市に新しいスノーボード練習施設が完成し、ソチオリンピック男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手が今日、世界の技を披露しました。

村上市瀬波温泉に今月新しく完成したのは、アスリート向けのスノーボード練習施設「サマースノーボード アプローチキッカー」です。

今年7月に着工したこの施設は平野歩夢選手の後に続く選手を育てることなどを目的に夏場用のスノーボード練習施設として整備されました。
高さは15m、総工費およそ1500万円で、村上市と平野選手の父・英功さんが理事長を務める日本海スケートボード協会が費用を折半しました。

今日は平野選手の他、兄でプロスノーボーダーの英樹さんや、弟で小学6年生の海祝君など4人のライダーが模範演技を披露。

集まったおよそ40人の関係者は熱い視線を送っていました。

ayumu

「こう地元で近い距離でこういう施設が出来たことは、凄い練習できるし、今後楽しみですね。4年後とかまた来年、再来年に向けてもここで練習して頑張っていきたいですね。」

平野選手は夏場、この施設で新技などの練習に取り組み、4年後の韓国・平昌オリンピックで金メダルを目指します。

▼NSTスーパーニュース(1:46秒)


▼【追加】TeNYテレビ新潟(4:46秒)




日本海スケートパークfacebook
https://www.facebook.com/nihonkai.sk8