平昌五輪

国際スキー連盟(FIS)が2018年平昌冬季五輪のアルペンコースについて『変更不可』との見解をあらためて示した。

これは、FISのジャン・フランコ・カスペル会長が7日(韓国時間)、スイス・チューリッヒの連盟本部で、平昌五輪組織委員会の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)委員長(韓進グループ会長)と会談した際、一部市民団体や環境団体が主張するコース変更や「ツーラン(2 Run)レース」規定不可方針をあらためて表明したもの。
カスペル会長は「標高差・スロープ延長・平均斜度など、複数の競技に関連する要素を考えると、加里王山の下峰がFISの規定を満たす唯一の地域だ。また、ツーランレースは五輪大会には適用されない」と従来の見解をあらためて強調した。

韓国の一部市民団体や環境団体は、現在加里王山の下峰が予定されている五輪アルペン滑降競技のコースを「オリンピックの為だけに樹齢500年以上を含む樹木を数万本伐採してスキー場を建設するのは環境破壊だ」とし、建設の中止と競技開催場所を竜平スキー場などに変更することを求めていた。

竜平スキー場のスロープ延長が短い問題については、FISの例外規定を掲げ、2回に分けて競技を行い記録を合算する「ツーランレース」で行うよう主張していた。

(via:朝鮮日報