adidas-3

adidas Snowboardingがおくる新たなウェブ ムービー プロジェクト「Nomad(ノーマッド)」の第二弾、EN ROUTE(エンルート/旅の途中)編の本編が公開された。

このNomadは全三部作で構成されている。
今作ではスノーボードのライディングシーンはもちろんだが、その裏のトリップについてフォーカスした内容になっている。
スノーボードをしに行くのには、起き上がり、ストラップを付けそして滑る。いやいやもっとたくさんあるだろう。スノーボードへの旅行は実際にスノーボードをしてるのと同じくらいアドベンチャーな事だ。Nomadシリーズの第二弾でその意味を分かって欲しい。- adidas Nomad
前作の「日本編」、北海道のバックカントリーシーンから始まり、そして一行は別れそれぞれのトリップへと向かう。

adidas-1

字幕にて解説が入りルイフ・パラディス(Louif Paradis)のソルトレイクシティーでのストリートシーンへと続く。

adidas-4
During the season, from the moment we get up to the moment we fall asleep.
シーズン中は、目覚めた瞬間から眠りにつく瞬間まで。

Every ounce of energy we spend taking the train, taking a plane, scoping the streets, going to home depot to buy tools and shovels.
電車に乗り、飛行機に乗り、ストリートを調べまわり、道具とシャベルを買いにホームセンターに行くことに全てのエネルギーを費やす。

Spending all day building spots.
スポットを作るのに一日中費やす。

All these little moments of work are geared at riding the best possible spots in the best conditions possible.
これら全ての作業のちょっとした瞬間が噛み合わさって、最高の状態で最高のスポットでのライディングへとつながる。

To try something you've never done.
今までやったことのない何かに挑戦する。

It's what makes it worth it.
そうすることで価値あるものとなる。

そしてまた字幕にて解説が入り、仲間達とマウントフッドのサマーキャンプへと向かった國母カズへとバトンタッチ。4:40秒のパイプでのレイバック スプラッシュはカッコいいぞ。

adidas-5
Since I was young I have been flying all over the world I was always with strangers.
まだ若かった頃、世界中を飛び回っている時は常に慣れない人達と一緒だった。

I never felt comfortable.
それは決して気分良いものじゃなかった。

But now I have friends everywhere I go.
でも今ではどこに行っても友達が居る。

Now I can enjoy the places I've been before.
今では以前の場所でも楽しめるようになった。

I think the balance I have now is the best all my friends ride in different environments during the winter time.
冬季にさまざまな環境で乗っている私の全友人と比べても、今の私のバランスが最良だと思う。

Then in the summer we get together to relax and snowboard together.
そして夏になると私たちはリラックスする為に集まり、スノーボードをする為に集まる。

最後はエリック・ジャクソン(Eric Jackson)のカナダ ウィスラーでのバックカントリーだ。5:40秒からの大きなトリプルコークは見どころだろう。

adidas-6

adidas Snowboarding | Nomad 2 of 3: En Route



<関連記事>