sclover_dvd

長きに渡り常に最高のスノーボードムービーを世に送り出してきたSclover(スクローバー)チーム。

数多く発売されるDVDの中でも迷ったらこれを買えとまで言われるその人気のチームムービーシリーズの最新作は「Awesome(オーサム)」。さらにチームムービーだけに止まらず、Scloverのトップライダー達が伝授する人気のハウツーシリーズ最新作は「テクニシャン10」だ。

この2つの新作ムービーの発売を記念して、神立高原スキー場でのパークプロデュースも決まり、忙しく過ごすScloverチームのボス石川敦士にインタビューを敢行!

撮影の裏話などなかなか面白い話が聞くことが出来たぞ。

石川敦士

新作「Awesome」、「テクニシャン10」の発売おめでとうございます!まずは率直な感想をお願いします。
やっと出せた!という感じで、安堵感が強いですね。
最初に人気のScloverチームムービー「Awesome」の方から聞いていこうと思います。今回の作品はどのような出来になっていますか?今までの作品との違いに気を使った点、こだわりなどありましたら。
ライダー同士のロケーションのかぶりを極力なくすため、撮影クルーの人数をしぼり、 色々なトリップを作り、動いてもらいました。
タイトルを「Awesome」にした理由があれば教えてください。
「Awesome」には2つのかけ離れた意味があります。ひとつは500年前から聖書によく出てきて、神様に関してよく使われている「畏敬(いけい)の念に打たせる」という意味、そして現在若者の間で人気がある「素晴らしい」や「最高」や「すごい」という意味です。 天気や自然を相手に撮影をするスノーボードなので、この2つの意味がマッチすると思い、Awesomeとしました。

awesome-1
誰のパートがお気に入りですか?
功(関功)かな!

isao seki
功くんっていえば2012-2013エディットムービーが本場アメリカのトランスワールドのサイトに紹介されるなど世界中から大注目されましたけど、2シーズン前のを何故今このタイミングで編集してアップしようと思ったのですか?
最近、DVDというよりもSNSでの動画公開の方が多くの人に見てもらえると思います。 なので、自分で編集してライディングを見てもらう事で今作の作品のプロモーションになると思い。功と壁がやってくれました。
確かにあれを見てから期待して功くんのパートを見たけど、新作でも期待を裏切らないでヤバイトリックの連続でしたね。。。撮影で印象に残ってるロケーションとかありますか?
自分的には八幡平のステップUPジャンプです。(※後述)
江口 諒くんのパートでは、ステアでかなりヤバそうな落ち方してて、思わず「うわっ」って声が出るくらい【閲覧注意】な感じだったのですが(笑)、あれはケガは大丈夫でした?
大丈夫じゃなかったみたいです。 顔よりも肩がいたかったらしく、その後に瀧川航と江口諒と三人で北海道トリップに行くつもりだったのに、そのせいで諒が行けなくなり、俺と航の二人でバンジーを一生懸命引きました、、、でも、引けませんでした(笑)

ryo eguchi
他に撮影中にヒドイ怪我や、撮影を長く中断したメンバーはいます?
ひどい怪我はなかったですね・・・あ、あった!壁(壁田 竜一)と航でケベックに撮影に行っていて、そこで暇すぎて腹筋ローラーをやり過ぎた壁が腰を痛めてた(笑)
そんな撮影も休むほど腰を痛めたのですか?
結構痛そうでしたよ。落ちてる物を取るおじいちゃんみたいでしたからね(笑)
中学卒業したばかりのヤングライダー、宮澤悠太朗君いいですね。スキル高くてかなり将来を期待しちゃいますね。
同じく期待しています。 俺がやっているαキャンプという、千葉キングスで行っているキャンプに当時14歳の中学三年生で来ていた、ゆうたろうにはびっくりしました! 今後が楽しみです。

yutaro miyazawa
先ほど印象に残ってるロケーションで答えていた、最後のシーンに登場するステップUPジャンプについてですが、個人的にはもう何本かトリックを見たかったのですが、アプローチでみんな苦労してそうでしたけどどうでしたか?(笑)
人生で一番早いアプローチでした。 そう何回もトライしたくなかったっすね(笑) 俺も4本しかやってないです。 また、来年はダブルとかトライしたいな!

awesome-2
他に何か撮影中のちょっとした思い出や裏話、エピソードなどありましたら。
東京に大雪が降った時、俺と壁と諒でアメリカユタ州に行っていました。 暖かくて大雨で、雪がなく、ゴミバケツに雪を入れて、車で運んでのストリートレール・・・。 俺たちは何をしてるのだ!?と言う感じでしたね。
ユタ州まで行ったのに雪が無いんじゃ東京でいいじゃんってなりますね(笑)
ですね。あとはさっきも言った、壁と航でケベックに行って、壁が腹筋ローラーで怪我をするってやつ。。。(笑)
次は人気のハウツーシリーズ「テクニシャン10」について聞きたいと思います。まずは今回の作品はどのような出来になっていますか?今までの作品との違いに気を使った点、こだわりなどありましたら。
今年はパークのフリーランパートを作りました。 なので、見応えあると思います。

technician10
プロスノーボーダーのみなさんにとっては簡単なトリックばかりだと思うのですが、やはり撮影はスムーズにいったのですか?
いえ、、、毎年そうなのですが、結構はまってしまうのです(笑) 簡単な基礎トリックこそ難しいですよね。
何かハウツー撮影で印象に残っているエピソード等がありましたら。
3日間の撮影で初日はがんばり、いい感じに終わってその夜に石ドラ(石打ドライブイン)に飯を食いにいったのですが、そこで飲み過ぎてみんな二日酔いでした。
そんな状態でよく撮影できましたね?(笑)
諒が九州に帰らなきゃ行けなかったので、諒がレールを頑張ってました(笑) みんな身体がぐだぐだの中でも一生懸命やっていたので良いのが撮れました。3日目はパークフリーランの日でうまく出来たと思います。

freerun
ありがとうございました。最後に全国のスノーボーダーにメッセージをお願いします。
これからスノーボードのシーズンですね。 基礎を学ぶ事が上達の近道です。 Awesomeでテンションをあげて、テクニシャンで上達してください!!! SCLOVERが神立スキー場にパークをOPENさせます! 是非、遊びにきてください! 面白いパークを用意しておきます!

(※このインタビューは2014年9月末に行われたものです。)


▼AWESOME&テクニシャン10、絶賛発売中!ティーザーと詳細は下記をクリック
Awesomeジャケット テクニシャン10

<関連記事>