hot

9月27日、カリフォルニアのベアマウンテンで11回目の開催となった恒例のジブイベント「Hot Dawgz & Hand Rails(ホットドーグ&ハンドレイル)」が行われた。

過去にはキーガン・バライカ(Keegan Valaika)、ザック・ヘイル(Zak Hale)、ライアン・ポール(Ryan Paul)、トミー・ゲスメ(Tommy Gesme)といったライダー達もここから脚光を浴びて行った、言わばスノーボーダーの登龍門でもあり、シーズン前のキックオフイベントでもある。
審査員にはベアマウンテンのチームライダーでもある、ジョー・セクストン(Joe Sexton)、クリス・ブラッドショウ(Chris Bradshaw)、スコット・スティーブンス(Scott Stevens)らが、そしてゲスト審査員としてスノーボードレジェンドのデイヴ・ダウニング(Dave Downing)が務めた。

HEAT1とファイナルジャムセッションとの合計2時間で争われ、ベストトリック賞にはザック・ロウルズ(Zach Rawles)の「b/s 180 to switch 50-50 to switch b/s 360 out」が選ばれた。

女子の部では男勝りのライディングでマライア・デューガン(Mariah Dugan)が選ばれ、男子の部ではルーク・ハドック(Luke Haddock)が3位、ボーナスことデニス・レオーンチェフ(Denis Leontyev)が2位、そしてこの大会を制したのはジョニー・オコナー(Johnny O’Connor)となった。

winners-1-600x400

<RESULTS>
Mens
1st place – Johnny O’Connor
2nd place – Denis Leontyev
3rd place – Luke Haddock

Womens
1st place – Mariah Dugan

Best Trick
Zach Rawles

ジョニー・オコナー



ハイライトムービー



ウェブキャストフルムービー



<関連記事>
ガールズライダー、Mariah Dugan(マリア・ドゥーガン)の2013-2014シーズンエディット公開!
Denis Leontyev(デニス・レオーンチェフ)のWindells 2014 エディット公開!