白馬みねかたスキー場

長野県北安曇郡白馬村の白馬みねかたスキー場の運営会社、株式会社みねかたが今シーズンの営業を断念したことが分かった。

前運営会社より引き継ぎ、9シーズン運営してきたが、経営難から新たな運営会社となる譲渡先を探すも交渉が上手くいかず閉鎖を決定した。
白馬村エリアでは、2008年冬より閉鎖している「大町スキー場」、2009年冬より閉鎖しているより「白馬ハイランドスノーパーク(白馬ハイランドスキー場)」に続き3カ所目の閉鎖となった。

ちなみに、大町市のヤナバスキー場(ヤナバスノーパーク)は、昨シーズンは諸般の事情により営業休止となっていたが、今シーズンは営業再開の噂もあるようだ。
お知らせ

前運営会社からの譲渡を受け、株式会社みねかたにて9シーズン運営を行ってまいりましたが、当社での来シーズンの運営継続が難しい状況となっておりました。

運営を引き継いで頂ける企業を探す等、スキー場営業を継続する道を色々と模索しておりましたが交渉もうまく進まず、来シーズンに向けての動きも本格化する時期となり、非常に残念ではございますが、白馬みねかたスキー場はクローズさせて頂くことといたしました。

多くのお客様にご来場頂き、楽しんで頂いておりましたが、残念なお知らせとなり申し訳ございません。今までご愛顧頂き誠にありがとうございました。

株式会社みねかた
http://www.hakuba-minekata.com/