世界のトップ・プロ・スノーボーダー2名がニュージーランド・ワナカのバーで起きた事件に関与し、警察に捕まった。


Gigi Ruef.

Romain De Marchi.

Paddy’s Barのドアマンがヘルウィックストリートのウェストペック信託の窓から落ち、
ダニーデン病院で治療する傷を負った。
申し立てによると、この事件にBurton International Global A Teamのメンバーが関与しているとのこと。

Burtonのマネージャー、ルネ・ハンセンは、昨晩、法的アドバイスを求めていたと話した。
彼はスノーボーダーの一人が警察官に鼻を殴られたことを主張した。

オーストリア出身のGigi Ruef(22)とスイス出身のRomain De Marchi(23)がドアマンを暴行したことで告発された。

この2人は世界でもベストランクに入るスノーボーダーであるとハンセンは語った。
2002 European Openではトップ10にランクされている。

Burtonはアメリカの中でもメジャーなスノーボード商品、出版社、そしてチームスポンサーである。

警察は事件については話さなかったが、男性2名を逮捕し告発したことを認めた。
そして警官のショーン・ハーレーは警察苦情処理機構に異議を申し立てる権利はあると言った。

Burtonのメンバー10名はトレーニングと写真撮影を行う為にワナカに滞在している。
午前3時に起きた事件はチームにワナカの悪い印象を与えたとハンセンは言った。
チームはレストランで食事をした後、4人は街をぷらつくことにした。

4人のアスリートはPaddy’s Barでビールを3杯飲み、その後トラブルに巻き込まれたことにショックを受けている。

「彼らは若者にとってシンボルであり、ヒーローである。
彼らはプロの選手である。街に出てトラブルに巻き込まれたくないに決まっている。」

保釈金を払い再拘置され、
来月アレキサンドラ地方裁判所に出頭するギギ・ラフとロメイン・デ・マルチは、
この事件に関してのコメントを拒んだ。