国内2店舗目となるスノーボード用品製造販売「Burton(バートン)」の直営店が20日、長野市屋島に開店した。

店名は「Burton Flagship Store Nagano」。同日行われたオープニングイベントには、世界的に有名なプロスノーボード選手らも来店し、サイン会などファンとの交流が行われた。

午後6時の開店前には約200人が行列を作り、ドアオープンと同時に続々と入店し、店内は一気ににぎわった。
同時に店の前で開催されたイベントには、世界選手権3連覇などの偉業を果たしたテリエ・ハーコンセン(ノルウェー)、冬季五輪で3つのメダルを獲得したケリー・クラーク(アメリカ)らバートン所属のプロスノーボード選手が来訪。スノーボード用品が当たる抽選会や選手の競技写真のオークション、各選手のサイン会などが行われた。

松本市の主婦、青山順子さん(40)は「ウエアも板もバートンのものが大好き。近くにできてうれしい」と話していた。

同店は東京都渋谷区の店舗に続く国内2店舗目。約45坪の店内には約3000点のスノーボード関連商品などが並び、量販店では売られていない高価格帯の商品や子供向けの商品も充実している。

同店は上信越自動車道須坂長野東インターチェンジに近く、シーズン中は県内のゲレンデを訪れる観光客らの来店を見込む。問い合わせは同店(電)026・219・2041。

(産経新聞:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000017-san-l20


<関連記事>
Burtonの旗艦店が長野に9/20オープン!オープニングにはテリエやケリーらが来店!キッズ体験イベントも