誰もが知り、スノーボード界を動かすTerje Haakonsen(テリエ・ハーコンセン)がBurtonと再び契約した。


Terje Haakonsen.

テリエは80年代にスノーボードシーンに現れた頃からBurtonと共に働き、
1989年以来、Burtonの成長に必要不可欠な存在であった。

スノーボードのルーツに沿った流暢なスタイルと情熱で、
テリエのスノーボードへの貢献は数知れない。
その中で彼はスノーボードで最も崇敬され評判が高かったコンテストを作り、
ビデオでの活躍、競争率高きコンテストでの幾つもの勝利、
そして数多くのBurtonのヒット商品を生みだした。

グローバルなスノーボードシーンを制覇したスカンジナビアン初のテリエは革新的なトリックと、
ハーフパイプでのビッグな技で90年代のスノーボード革命を起した。

彼はコンテストで他のライダーが活躍する度にスノーボードに変化を求め、
Terjeはバックカウントリーに移行、パウダーを追求、スポーツを新しい方向へ持って行った。
そして時々バックカウントリーからメジャーコンテストに出場し、
何ヶ月間もパイプで滑ってなくとも勝利をあげる。

テリエの神秘性が増すと共に、
スノーボーダーの為のスノーボーダー主催のイベントを維持する願望が強くなった。

テリエはArctic Challengeを開催、一夜でリスペクトされるコンテストとなった。
そして4年目の今、イベントのスケジュール、フォーマットなどライダーたち主催という趣旨に基づきテリエのホームベース、
ノルウェーを拠点にしたArctic Challengeは全世界のライダーたちを魅了している。

Nissan X Trail Jam in Tokyo Domeストレートジャンプとクオーターパイプでは3位、
Burton European Openハーフパイプコンペティションでは2位、
Mt.Baker Banked Slalomでは5回優勝、
そしてテリエのイベント、The Arctic Challengeクォーターパイプで1位と、
Terjeは2002/2003シーズンで多くの評価を獲得してきた。
また今シーズン初日からStandard Filmsの撮影も行った。

パウダーを追い求めている合間、撮影している合間、またはArctic Challengeをまとめている合間でも、
テリエはBurtonとFishやT6のボードシリーズ開発に取り組む。

彼の熱心なボード開発への取り組みは、
スノーボード業界を率いる世界のBurton Snowboardsを作り上げている一因でもある。

「Burtonがここまで成長したのもテリエのお陰であり、
今後も引き続きBurtonをサポートしてくれるだろう。」と、
Burton Snowboards創立者でありオーナーのJake Burtonは語った。

Burtonはテリエとの長い付き合いを続け、
今後、彼の行く道をサポートしていく方針だ。

問い合わせ先:
バートンスノーボード
TEL 03-5738-2550
http://www.burton.com/