Rome Snowboard Design Syndicate(ローム・スノーボード・デザイン・シンディケイト)は、
Marius Otterstad(マリウス・オッタースタッド)のプロチームへのステップアップを発表した。


Marius Otterstad.

ブランドが立ち上がって以来Rome、AmArmy(アマチュア)のオリジナルメンバーだったマリウスは、
2年に渉り成長し続け、今ではノルウェーのニュージェネレーションとして目立つ存在だ。

2002年の2月にマンモスでマリウスのライディングを見た時、彼のライディングをほっとくわけにはいかなかった。
それはビッグでスピードがあり、面白く、スムーズだった。
激しく、ルーズで無謀の様で怖い、だけどスノーボードにはまらせる要素を持っていた。

昨シーズンを通しての1年間は、マリウスにとってブレイクアウトの時期だった。
ダウンタウンOsloでのビッグエアー勝利とArctic Challengeでベストトリックを見せた。

その間にはヨーロッパとアメリカツアーを果たし、
スロープスタイルの撮影とライディング、またパイプコンテストに出場した。

1月にはスイスのLeysin Openで優勝し、
Terje Haakonsen(テリエ・ハーコンセン)からArctic ChallengeへのTicket-to-Rideをゲットした。
マンモスを基にマリウスは幅とスタイルを発揮させ、
Big Bear のVans Triple Crownでスロープスタイルとパイプで2位を獲得した。
春にはホームノルウェーのナショナルチャンピオンシップで
Daniel Franck(ダニエル・フランク)の後に続いて2位で終わった。

6月の最後にはMt.HoodでAnthem 58でライディングをし、
Absinthe FilmsのためにJustin Hostynek と一緒に撮影する。
その後Summer X-Gamesとサーフィンの為にオーストラリアと南太平洋へ出掛ける予定だ。

2003年から2004年の冬にはビデオ撮影とコンテストの為にアメリカを制覇しに行くだろう。