スロープスタイルな滑りを己の生き方とし、特攻精神溢れるスタイリッシュなぶっ飛び、
擦りを魅せ続けている、日本が誇る強力なストンパー 原 祐司 がCAPiTA snowboardと正式に契約した。

 
Yuji Hara.

祐司は、自らレイル製作集団「IRON CROW」を設立するほどのレイル狂。
クォリティーの高い作品をいくつも発表している。
あのマーク・フランクに「HE is the MAN!」と言わせた、熱い擦りは彼の全てを物語っている。

年間ベストビデオパート賞獲得したり、海外のビデオカンパニー、Finger On Da Triggerの「GEN-POP」に出演する等、
その滑りを確実に写真や映像に残している。
SLOPE STYLE at KIJIMADAIRAでは日本のトップライダーが凌ぎを削るWILD CARDS争奪戦で2位通過、
他にNISSAN X-TRAILや海外のTriple Crown等のビックイベントも勢力的に参戦し活躍している。

シーズンの大半をアメリカ、マンモスマウンテンで過ごす祐司は、
いままでもこれからも常に世界を標準にいれてライディングし続けていくだろう。

「俺は今回の移籍を大事な人と結婚するみたいな気持ちで考えているんだ!
メインとなる板との契約はそんだけ大事な意味を持つからね。
凄く長い間考えて出した答えだから、その決意は半端ないよ!
俺のライダー人生の最後までCAPiTAに乗りつづけるよ!」と祐司が熱く語る。

「向こうのチームの奴等(TJ 、セス、タイラー)とガンガンセッションしたいし、日本でもっとCAPITAを盛り上げたいね!
いま何本か乗っているけど、かなり調子いいんだ!!俺のライディングスタイルにぶっちゃけ合ってるんだね。
セスのモデルや、DEATHシリーズなんかグラフィックもイケテルよね!
日本のチームもヤバイ奴等で固めてガッツリいきたいっす!」と、さらに続けた。

シアトルを本拠にするCAPiTA snowboardは、いま全米を中心に熱狂的な支持を受けている。
TJ シュナイダー、セス・ハウト、タイラー・レポアー、ジェイソン・ブラウン等で結成されている最強チームは、
今最も注目される一番熱いチームであると言えよう。

Mack Dawg新作「Shake Down」の厳しいパート獲得戦線を勝ち抜いた世界選抜14人の内の2人がチームに存在、
ビデオのメインスポンサーになりロゴが世界中のスノーボーダーの目に止まるであろう。

そのチームに祐司が加入したことは、ダイナマイトにニトログリセリンをぶっ掛けたようなものだ!
生産ラインがクォリティーの非常に高いオーストリアの工場に変わり、全てのモデルが2×4インサートに変更。

03/04よりリスタートするCAPiTA snowboardingから目が離せなくなってきた。

商品の問い合わせ:
FUSION Inc.
03-5825-8118
f-favorite@fusion-style.com
http://www.capitasnowboarding.com/