alex-1

スノーボードで滑っている時の考えられる最悪な事態って何でしょう?未開拓の地、バックカントリーで椎骨を骨折することは最悪でもあり最高の恐怖でもあるだろう。

残念な事にAlex Gavic(アレックス・ガビック)にその恐怖が襲い掛かった。バックカントリーをライディング中にバランスを崩し、腰から落ちたときに腰椎を圧迫骨折してしまったのだ。
ただ彼は不幸中の幸いにも、近くの救急病院に搬送できるヘリコプターを呼べる良き仲間と一緒に居たので、一命を取り留めた。

1日の最初のランで起こったこのようなケースのように、最悪な事態が起こり得る可能性がどこにでも転がっている、明日は我が身だという事を頭に入れておいたほうがいい。

そして新雪を食いに行く仲間に常にアドバイスしとくべきだ。「誰も居ない、1人でのパウダーランなんて自殺行為だ」と。

今回のケースは運よくハッピーエンドとなった。アレックスは次のウィンターシーズンには完全に体の動きを取り戻しカムバックしたのだ。

この動画の中盤からワサッチマウンテンにてスプリットボードでアドベンチャーする彼の驚くべきシーズンを見ることができる。

特に印象に残るのが、永遠と続くアレックスのフェイスショットライディング、そして3:48のバックフリップ。あんな最悪な出来事があったとしても、やっぱスノーボードはやめられないねと物語るかのように。

教訓:常に仲間と滑りましょう。そして保険にもしっかり入りましょう。そして落ち込まないこと・・・あなたが回復する時にはいつも雪はそこで待っているから。


alex-2
alex-3
alex-4
alex-5
alex-7