今シーズン、ナショナルチーム入りしたとたん、
いきなりワールドカップ初優勝するという離れ業を演じた山岡聡子選手(白馬村SC)。


Satoko Yamaoka.

その後も確実に上位入賞して、
日本選手として初めてワールドカップのハーフパイプ部門総合2位という輝かしい成績を収めた。

最終戦は出場しなかったため、
総合2位のクリスタルメダルはFISから「最終戦でお渡しできずに残念です」というメッセージつきでSAJに送られてきた。

貴重なメダルを山岡選手に転送したところ、ご覧のような素敵な写真が送られてきた。
高いポテンシャルでまだまだ上を目指す山岡選手だが、来るシーズンは大きなクリスタルトロフィーを手にしてほしいものだ。