伊藤ゆう

現在マウントフッドにてスノーボードキャンプ中の石川敦士が、最近のキッズライダーの凄さをブログにて紹介している。

今回のフッドはScloverチーム仲間という訳ではなく、日本の中・高校生くらいのキッズ達と篭っているようだ。自ら「引率の先生みたいなモンです。」と書いており、実際、サンフランシスコのイミグレーションで子供を誘拐したのですか?!と疑われたほどだ。
フッドで主に入っているのは20m級の特大キッカー。リップが立っていて石川でもまくられて背中から落ちたほど危険なものらしい。

そんなキッカーに13歳の伊藤ゆう、15歳の宮澤悠太郎らが果敢に挑んでいるようだ。宮沢に関してはフッドに入って2本目からBS1080を攻め、翌日にはBS1260をメイク。

「ん〜すごい!これはほんとにすごい事ですよ!15歳が何回転?3回転半。」と、キッズ達の凄さにエキサイトしている。

確かにフッドに向かった初日のブログには「彼らは(車の)運転は出来ないけど、バックサイド1080やダブルコークはできるんです。笑」とも書かれていたのにも納得だ。

フッドには3週間の滞在予定で、石川のブログにはちょっとした動画も添えて更新されているので、引き続きフッドの様子とキッズボーダーの成長をチェックしておくのも良いだろう。

▼13歳伊藤ゆうのビッグエアー


石川敦士ブログ−Sclover3Riders
http://www.sclover3.com/atsushiblog.php