4月7日(月)〜13日(日)まで今年はノルウェーのビッグスキーリゾートでもあるTrysilにて、
Terje Haakonsen(テリエ・ハーコンセン)主宰によるThe Arctic Challenge(以下TAC)が開催された。



■出場ライダー:
クオリファイ(出場権利保持)ライダー:
1. Tommy Czeschin
2. Heikki Sorsa
3. Thomas Eberharter (キャンセル:David Benedek)
4. Andy Finch
5. Steve Gruber (キャンセル:Jussi Oksanen)
6. Marius Otterstad
7. Rio Tahara
8. Tuomo Ojala
9. Antti Autti
10. Martin Cernik
11. Kazuhiro Kokub a.k.a. Kazu
12. Hampus Mosesson
13. Nate Sheehan
14. Eero Ettala (キャンセル:Ross Powers)
15. Vinzens Lups
16. Elijah Teter

シーズン中に行われたT.T.R.(Ticket To Ride)ツアーで、出場権利を勝ち取って来た世界のトップライダー達の中には、
X-TRAIL JAM in TOKYO DOMEのクォーターパイプで日本人最高位だった田原ライオと、
2003 US OPENハーフパイプで日本人にして始めて表彰台にたった恐るべき14歳、国保和宏の姿もあった。

2002 Saltlake City Olympicハーフパイプ金メダル、2003 US OPENハーフパイプ優勝と、
このTACの優勝にも期待がかかるRoss Powers(ロス・パワーズ)は、自分の最初の子供が生まれる(予定日が4月8日)為、
出場をキャンセルしている。

●女性ライダー:
1. Hannah Teter
2. Dorianne Vidal
3. Gretchen Bleiler
4. Kjersti Buas

●ワイルドカード:
1. Xaver Hoffman
2. Quentin Robbins
3. Ingemar Backman
4. Mathieu Crepel
5. Nicolas Muller (キャンセル:Frederik Kalbermatten)
6. Travis Rice
7. Gian Simmen
8. Markku Koski
9. Danny Kass
10. Halvor Lunn
11. Shaun White

11番目のワイルドカードライダーとしてTACの公式サイトにて投票で選ばれたのは、
Xaver Hoffman(クサヴァー・ホフマン)だ。

TACのTV放送は、日本テレビ(5月17日(土)26:20〜27:20)にてOAされる。