2003年3月1日(土)〜2日(日)、アメリカのシュガーボウル・リゾートにてAST Tourの第3戦が開催された。



最後のラウンドとなったAST Tour。
何人かの男女はこのツアーの総合優勝を狙っていた。

男子ではWyatt Caldwll(ワイアット・コールドウェル)、Chris Nelson(クリス・ネルソン)、
Grant Glenn(グラント・グレン)、Mason Aguirre(メイソン・アギーレ)ら全てがその勝利のチャンスを持っていた。
しかしワイアットとクリスはこの舞台には居なく、事実上グラントとメイソンとの争いになった。

女子の総合優勝の権利はAutumn Rose(オータム・ローズ)と、
Molly Aguirre(モリー・アギーレ)が握っていた。


Gregory Bokenkamp.

土曜日になると小さな嵐も過ぎ去り、曇りのち晴れと天気が予報された。
今日は暑くなりそうだからジャケットは置いてきた方が良いってことだろう。

ヨーロッパのパイプデザイナー、Zaugg(ザウグ)がカットしたこのパイプをどのライダーも気に入っているようで、
天気にもかまわず、そしてジャッジはとてもフェアに見えた。

ファイナルに入る前に、あるライダーのスキルを紹介する必要がある。
そいつはCarson Wooley(カーソン・ウーリー)っていうやつで、
大きなメソッドエアー360をやって見せた。
それは普通じゃなく、間違いなくこの日一番のトリックだった。
スポンサーがついていないこのキッドは、確実に、一流の準備が出来ている。


Carson Wooley.

ファイナル1本目はかなり良かったけど、目立ってた訳では無かった。
勢いが感じられないライダー達もちらほら。

2本目になると彼らはすっかり勢いを取り戻し活気に満ちていた。
全てのライダー達がステップアップをし、エキサイティングなラウンドを見せてくれた。

Stephen Meyer(ステファン・メーヤー)はクリッパー、ハーコンフリップなどのルーティンで3位に。
Mason Aguirre(メイソン・アギーレ)は、大きなクリッパー、720からハーコンフリップなどのコンビネーションを見せ2位に。
Luke Wynen(ルーク・ワイネン)はバカデカい540と900クリッパーなどで見事勝利を手にした。



メイソン・アギーレは2位に入ったので、シリーズ総合優勝が確実となった。
まだまだ聞きなれない名前だが、チェックしておく必要のあるライダーだ。

女子ではメイソン・アギーレの妹、Molly Aguirre(モリー・アギーレ)が力強いコンビネーションで見事勝利を手にしている。
ツアー総合優勝は今回2位に入ったAutumn Rose(オータム・ローズ)が手にした。


Molly Aguirre.

男子Results 女子Results
1. Luke Wynen
2. Mason Aguirre
3. Stephen Meyers
4. Nik Batko
5. Franz Baher
6. Coulter Deupree
7. Latimer Watson
8. Dan Wakeman
9. Dave Brumm
10. Grant Glenn
1. Molly Aguirre
2. Autumn Rose
3. Paige Warner
4. Mirjam Meager
5. Kimberly Fasani
6. Jana Manfredi

Paul Mitchell Riders Cup Champs:
Mason Aguirre
Autumn Rose

Riders Spirit Award:
Luke Wynen