3/1の土曜日にスノーボード・ファミリーはジェフ・アンダーソンの素晴らしい人生を称える為に集まった。
(過去の関連NEWSはこちらへ)



Jamie Lynn(ジェイミー・リン), Jake Burton(ジェイク・バートン), Mike Parillo(マイク・パリロ)といった人達を含む、
世界中から数百人のスノーボーダーが、ジェフのホームタウンであるカリフォルニアのマンモス・マウンテンに集結した。
話が伝わり、悲しみにあふれ、全てが「ジェフィー」に敬意を表した。

午後3時になると物凄い数のスノーボーダー達が、この日の最後のゴンドラに乗って、
マンモス・マウンテンの頂上へと向かった。

ジェフの兄弟、ビリーはジェフのボードに乗って先頭をきった。
そして、「これがもう先には無いこのボードの最後のランになるだろう。」と、彼が皆に伝えた。

日は沈み、激励に包まれ、それは素晴らしいパートとなった。



追悼式の後、何十人かの友人達と家族は寄り添い、ステージで「ジェフのストーリー」を話した。
そしてこのキッドとの経験を語り合った。

とても感動的だったのはジェフのママ、ジェーンだろう。
「あなた方か悲哀なのは分かります。
でも否定的な考えであなたの人生を狂わせないで下さい。
これを機に何か良い方向へ向かってください。」



話も全て終わった時には、彼は人生を満喫していた事がハッキリとした。
それは素晴らしい人生で、そして今、それは固く閉ざされた。

次にあなたがドロップする前にはジェフィーに同意し、そして思い出そう。
「明日なんて考えないで、明日無き人生を送ろう。」って。

ジェフィーの生命に!