服部冬樹猫を川に沈めて殺害する様子を生配信したとして、長野県警に事情聴取を受けていた鬼畜すぎる元スノーボーダー 服部冬樹(29)が、動物愛護法違反容疑などで18日、地検松本支部についに書類送検された。
服部は6月下旬、自宅の敷地内にて捕獲した野良猫一匹を鉄のカゴに入れ、川に沈める様子をスマートフォンで撮影。「ぷりお」というハンドルネームで動画サイトに生中継するなどしていた。

その様子を見ていたネット住民から400件以上の通報があり、長野県警が捜査をして本人からも事情聴取をしていた。

服部は県警の調べに対し容疑を認め「家に入ったり畑を荒らしたりしたので、人間と動物の共存という意味で割り切ってやった。虐待のつもりはなかった。世間の反応が見たかった。反省している。」と話しているという。

<関連記事>
鬼畜すぎる元スノーボーダー 服部冬樹が猫を川に沈める様子を生配信し、事情聴取へ