(毎日新聞より)
<転落>米プロスノーボーダーがホテル階段から落ち死亡 長野

23日午前3時25分ごろ、長野県木島平村のホテル「パノラマランド木島平」=村の第三セクター、6階建て=から、
「らせん階段の手すりを滑り降りたプロの男性スノーボーダーが転落した」と110番通報があった。
男性は同県飯山市内の病院に収容されたが、頭などを強く打ち、間もなく死亡した。

県警飯山署の調べでは、男性はアメリカ国籍のプロスノーボーダー、ジェフリー・リン・アンダーソンさん(23)。
県警飯山署などの調べでは、同日午前3時15分ごろ、5階部分から滑り出し、
4階部分でバランスを崩して内側の吹き抜け部分を1階踊り場まで、約15メートル落下したらしい。
友人と遊んでいたらしい。
アンダーソンさんは21日から3日間、近くの木島平スキー場で開催中の競技大会「スロープスタイル」に出場するため、
20日に来日、同ホテル6階に宿泊していた。

ホテルによると22日午後9時から約2時間、ホテル内で大会関係者やファンら数百人が集まって歓迎パーティーが開かれ、
ビールなどもふるまわれていた。

同大会はレール上をスノーボードで滑り降りるなど華やかさを競う大会。


(朝日新聞より)
米スノーボーダー、ホテル階段の手すりから滑落死 長野

23日午前3時15分ごろ、長野県木島平村のホテル「パノラマランド木島平」で、宿泊していた米国のプロスノーボーダー、
ジェフリー・リン・アンダーソンさん(23)が階段の手すりから転落、頭を強打し脳挫傷で間もなく死亡した。
アンダーソンさんは22、23の両日に木島平スキー場で開かれた国際大会に招待選手として出場していた。

県警飯山署の調べでは、アンダーソンさんはホテル内のらせん階段の手すりに腰をかけて、
5階から4階に滑り降りる途中にバランスを崩し、内側の吹きぬけ部分を約15メートル下の1階床に転落した。
アンダーソンさんは酒を飲んだ後、仲間5、6人で階段の手すりを滑って遊んでいたらしい。