26日午後0時10分ごろ、長野県白馬村の八方尾根第2ケルン付近で、
「雪崩が発生してスノーボーダー2人が巻き込まれたようだ」との通報が目撃者からスキーパトロール隊に入った。
県警山岳遭難救助隊や県警ヘリが現場付近を捜索している。

同署によると、雪崩の発生したと思われる第2ケルンは、八方山(標高1974メートル)の近くにあり、
八方池山荘と八方池の中間に位置している。
雪崩の規模などは分かっていない。