16日午前11時10分ごろ、山形市の蔵王温泉スキー場の「上の台ゲレンデ」で、
山形県遊佐町上蕨岡、公務員伊東真一さん(41)の二男で幼稚園児の拓海ちゃん(5)にスノーボードをしていた男が衝突し、逃げた。

拓海ちゃんは病院に運ばれたが、頭がい骨骨折と脳挫傷の重傷。
同日夜、病院から通報を受けた山形署が過失傷害容疑で男の行方を追っているが、17日になっても不明。

調べでは、現場は2つのコースが合流する地点で、真一さんが拓海ちゃんを抱きかかえながら滑り降りていたときに、
別のコースを滑っていた男が転倒しながら衝突。ボードが拓海ちゃんの頭にぶつかったという。

男はしばらく現場近くにとどまっていたが、スキー場のパトロール隊が到着して救助作業が始まると、
次第に現場から遠ざかり、他のスキー客の制止を振り切ってそのまま逃走したという。

男はグレーのウエアと毛糸の帽子姿だったという。伊東さんは家族5人でスキーに来ていた。