青いケシの写真下高井郡山ノ内町北志賀高原の竜王スキー・スノーボード パークで「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれるメコノプシスが見頃を迎えている。11日は、霧の中で真っ青な花が涼風に揺れていた。
標高約1800メートルのロープウエー山頂駅近くにある山野草園に、約200株が植えられている。直径7〜8センチの花が次々と咲いており、8月上旬ぐらいまで楽しめるという。

山野草園にはほかに、季節ごとに約150種類の草花が咲き、同スキー場は「雲の上の花畑」としてPR。支配人の岡元克和(かつのり)さん(55)は「夏の蒸し暑い日は、涼しげな花々を見に来てほしい」。
(信濃毎日新聞)