世界最大のスノーボードの大会が今年もやってくるX-TRAIL JAM in TOKYO DOME の開催が決定!
12月14日(土)・15(日)/東京ドーム もっともcoolなスノーボーダーと音楽で冬の幕開けを飾る!


12月14日(土) 18:00 START クォーターパイプ国際大会
    15日(日) 15:00 START ストレートジャンプ国際大会


 日本テレビは、2002年12月14日(土)、15日(日)、東京ドームで「X-TRAIL JAM in TOKYO DOME(エクストレイルジャム イン 東京ドーム)」(主催:日本テレビ/特別協賛:日産自動車/協賛:明治製菓/後援:読売新聞社、報知新聞社、TOKYO FM/協力:東京ドーム、NTTコミュニケーションズ)を開催します。

本大会は、東京ドームに特設されたスノーボードジャンプ台「BIG-X」を舞台にドーム施設で行われる世界最高峰のスノーボード大会です。スノーボード競技の中でも、もっともそのスタイルの華麗さ・派手さで人気を博すストレートジャンプ(SJ)とジャムセッションという競技スタイルで選手や観客からも大好評のクォーターパイプ(QP)の2競技で行われます。

 今年で3回目を迎える「X-TRAIL JAM in TOKYO DOME」。過去2度の大会のクォーターパイプでは、神業的なテクニックをみせ、2連覇を果たし、大会の“顔”となりつつあるカリスマスノーボーダー・テリエ・ハーコンセン(ノルウェー)をはじめとする世界トップクラスのスノーボーダーが集まります。そして鈴木伯、中井孝治ら海外招待選手の実力と肩を並べつつある日本屈指の選手が出場、華麗なジャンプと過激なスタイル、最高のテクニックで世界ナンバー1の座をかけて争います。

 10代・20代の流行に敏感な世代に圧倒的な人気を誇るスノーボードやスケートボード、インラインスケート。過激でアグレッシブであると同時に、華麗に“まとめる”というその共通したスタイルは、ファッションや音楽をも含みトータルなカルチャーとして根付いています。特にスノーボードはスポーツの枠を超え、ストリートファッションやヒップホップ、ロック、R&Bといったストリートカルチャーを巻き込んで人気が高くなっています。

 「スノーボードと音楽のコラボレーション」というコンセプトで行われる本大会では、毎年、若い世代に人気のあるアーティストが登場し、熱いライブでさらに観客を魅了してきました。今年の注目のライブアクトには、今勢いと可能性を感じさせるアーティスト「KICK THE CAN CREW」が決定。大会イメージソングを歌います。

 今、最もクールでスタイリッシュなスノーボーダーと音楽でウインタースポーツの到来を感じさせる「X-TRAIL JAM in TOKYO DOME」。目の前で繰り広げられる世界最高のテクニックとパワー、ジャンプの数々・・・その後押しをするのは選手と一体となった観客のパワーです。


X-TRAIL JAM in TOKYO DOME 公演概要

■大会名称:X-TRAIL JAM in TOKYO DOME
      (エクストレイル ジャム イン 東京ドーム)
■開催日程:2002年12月14日(土)18:00 START クォーターパイプ国際大会
         12月15日(日)15:00 START ストレートジャンプ国際大会
■会  場:東京ドーム 東京都文京区後楽1-3-61
       JR線・都営三田線水道橋駅、営団地下鉄丸の内線後楽園駅より徒歩5分
■主  催:日本テレビ
■特別協賛:日産自動車
■協  賛:明治製菓
■後  援:読売新聞社、報知新聞社、TOKYO FM
■協  力:東京ドーム、NTTコミュニケーションズ
■チケット:S席(指定)            :¥4,900
      A席(当日指定)          :¥3,900
      S席・2日間通しチケット(指定)  :¥9,000
      A席・2日間通しチケット(当日指定):¥7,000
■チケット予約:2002年10月13日(日)午前10時より発売開始
  キョードー東京 :03-3498-9999
  チケットぴあ  :03-5237-9999  (Pコード 505-464)
  ローソンチケット:03-3569-9900 ※(Lコード 38418)
  CNプレイガイド :03-5802-9999
  公式ホームページ:http://x-trailjam.ocn.ne.jp
  e+(イープラス):http://eee.eplus.co.jp/
  (注)ただし※印の電話番号では2日間通しチケットの受付はございません
■インフォメーションダイヤル:0180-993-999(24時間テープ案内)
  一般読者からのお問い合わせ先電話番号を記載する場合、上記番号をご記載ください。
■公式ホームページ:
  http://x-trailjam.ocn.ne.jp
■特別番組のご案内:
  【番組名】スノーボーダー必見!待ちきれないYO!X-TRAIL JAM
  【放送日】2002年11月1日(金)26:35〜27:05 関東ローカル
  【出演者】加藤明日美、鈴木伯、福山正和、そのほかスノーボーダーが多数出演!乞うご期待!


X-TRAIL JAM in TOKYO DOME 今大会の見どころ

◆東京ドーム史上最大の建造物・スノーボードジャンプ台「BIG-X」がさらに巨大に!
 ドーム施設では世界初、そして今なお最大級の規模を誇るの大会として注目を浴びた「X-TRAIL JAM in TOKYO DOME」。『BIG-X』と名付けられたスノーボードジャンプ台で繰り広げられます。コースの規模は昨年同様、全長100m、高さ30m、最大斜度36度と東京ドーム史上最大の建造物。高さ30mとは、オフィスビルの8階に相当します。今年はさらにスタート台の高さもアップ。

昨年初めて設置したレインボーレールは今年も登場します。どこに、どんなレールが設置されるのか、さらに巨大に進化し続ける『BIG-X』は本番までのお楽しみです。選手が東京ドームの天井に今にも届きそうな、スタート台から勢いよく滑りだし、キッカーと呼ばれるジャンプ台から飛び出してくる迫力に観客のボルテージは最高潮に達します。

◆日本人選手が表彰台にのぼる日も近い!
 これまでスノーボードシーンとともに、進化し続けてきた本大会。前回大会では、日本人出場選手をインターネットによるファン投票で選出。日本人選手のなかでも特に熱い心をもつ鈴木伯が、大ジャンプをみせストレートジャンプで準優勝するなど、ファンに選ばれた選手たちは、その声援に後押しされて、過激で華麗なパフォーマンスを見せてくれました。 

今大会では、昨年FINAL(ベスト8)に進出した日本人選手をシード権獲得選手とし、日本人予選が免除されます。シード権をもつ選手は、鈴木伯(SJ、QP)、中井孝治(SJ)、福山正和(SJ)、宮脇健太郎(QP)の4人。シード選手以外の日本人選手は、昨年同様、インターネット投票システムで選ばれます。今年こそ日本人選手が表彰台の中央にのぼるのか、また新たな日本人選手のヒーロー誕生に期待が高まります。

 投票は、「X-TRAIL JAM in TOKYO DOME」公式ホームページ上で、10月13日(日)〜11月13日(水)の1ヶ月間受付、11月中旬より公式HP並びにインフォメーションダイヤルで発表します。東京ドームの決戦を前に、WEB上で出場権をかけた熱き争いが繰り広げられます。
  ☆公式ホームページ:http://x-trailjam.ocn.ne.jp
  ☆インフォメーションダイヤル:0180-993-999

◆テリエの3連覇は?鈴木、中井のリベンジなるか?
 海外招待選手は、昨年、QP、SJ各部門で優勝したテリエ・ハーコンセン(ノルウェー)とヨナス・エメリー(スイス)の出場はを予定。宇宙人エアーと呼ばれる滞空時間の長いエアーを見せるカリスマライダー、テリエにはQPでの3連覇がかかります。またオリジナルトリック・チンパンジー・エアーで見事優勝を飾ったヨナス。彼と再び対決する鈴木伯、ソルトレイク五輪での活躍も記憶に新しい中井孝治らとの勝負にも目がはなせません。

※出場選手については、現在交渉中。正式決定後、公式ホームページとインフォメーションダイヤルで発表します。


これまでの X-TRAIL JAM in TOKYO DOME

◆過去2大会の上位3選手
 ・第1回大会(2001年2月)
  【競技種類】ストレートジャンプ
    優勝 :ミッヒ・アルビン(スイス)
    準優勝:ダリウス・ヘリスチャン(スイス)
    3位  :ルーカス・ホフマン(アメリカ)
  【競技種類】クォーターパイプ
    優勝 :テリエ・ハーコンセン(ノルウェー)
    準優勝:キア・ディロン(アメリカ)
 ・第2回大会(2001年12月)
  【競技種類】ストレートジャンプ
    優勝 :ヨナス・エメリー(スイス)
    準優勝:鈴木伯(日本)
    3位  :ジャコモ・クラッター(イタリア)
  【競技種類】クォーターパイプ
    優勝 :テリエ・ハーコンセン(ノルウェー)
    準優勝:ショーン・ホワイト(アメリカ)
    3位  :キア・ディロン(アメリカ)

◆過去2大会出演アーティスト
 ・第1回大会(2001年2月)
   1日目:HUSKING BEE, SUPER HYPE, MASTER LOW
   2日目:J SOUL BROTHERS, RUDE BONES, SHAKKA ZOMBIE
 ・第2回大会(2001年12月)
   1日目:倖田來未、EXILE
   2日目:RIZE

◆過去2大会観客動員数
   第1回大会:51,000人
   第2回大会:58,000人