12年間Burton Snowboardsを新しいレベルへとプッシュしてきた社長トム・マクガン氏の情熱はオートバイへと向けられる。



来る11月1日、マクガン氏はハイパフォーマンス・モーターサイクル・アフターマーケット産業、
M.A.G.(Motorcycle Aftermarket Group)の取締役に就任する。

Burtonは10年以上もの間、マクガン氏の膨大な知識、専門的技術、献身を得てきた。
「実際、Burtonの12年間の軌跡には至るところにトムの指紋がついてるよ。」とBurtonオーナーのジェイク・バートン氏が語る。
彼の在籍中は、Burtonが業界のリーダーとしての地位を強く維持するのに手助けしてきた。

マクガン氏の正式な転職により副社長のローラン・ポトデヴィン氏がBurton社の社長へと昇任する。
デビッド・シュライバー氏はGravisの社長に、デニス・ジョンソンはKordaとAnonの社長にそれぞれ就任し、
ジェイク・バートンは引き続き25年の歴史を持つBurtonの日々の仕事に深く関わっていく。
その一方でマクガン氏はBurtonのアドバイザーとして関係を維持していく。

勢いと興奮がスノーボードを取り囲み、Burtonの革新的な新しい生産ラインとこれらの新しい経営陣、
今までよりも強くシーズンへと進んでいく。
変化とは新しい機会を生む。そしてBurtonはいつも変化で成功して来た。

「Burtonの魂と、皆を代表して、トムに幸運を祈ります。」とジェイクが続けた。