Nidecker Snowboardsがデュポン社の持つ商標 ケブラー技術 を取り入れると発表した。


KEVLAR.

ケブラーは米国デュポン社が開発した、
高強度・高弾性率・軽量・耐衝撃性・耐切創性・耐疲労性などを備えたパラ系全芳香族ポリアミド繊維で、
安全防護服や、消防服などの防護衣料として、デニムパンツやスポーツウェア、
スピーカーやウーファーなどのコーンとしても一般的にも使用されている。

ケブラーについて詳しくは東レ・デュポンのホームページを見てもらえば解るだろう。

この製品がボードの動きとフレックスを補う役割をし、
Nideckerがマーケット上で最先端技術のボードを製造し続けていく為の一歩でもある。

「Nideckerのボード技術は、豊富な知識を持つシェーパー(型作り)と、スイス・アルプスの完璧なテスト設備とで、
素晴らしいライディングを生むのだ。」と1998年以来Nideckerのライダーでもあり、現チームマネージャーのノーマン・カー氏が語った。

Nideckerはヨーロッパで最初の、最も大きなスノーボードカンパニーだ。
1984年以来、先端技術のスノーボードを生産し、常に一足進んだ技術を追い求め続けている。
30以上の国の7つの大陸上に6つのオフィスを構え、スノーボードとアクセサリーを世界規模にマーケティングしている。

Nidecker公式サイトは www.nidecker.com まで。
日本のNidecker公式サイトは www.xyz-net.co.jp/actionsports まで。