6月15〜17日、カリフォルニア州ラグナビーチのデグリースギャラリーにて A Ten Year Volcom Visual Restrospect と称した、
Volcomの過去10年間の回顧アート展が開かれた。



会場にはフューチャリングされた40名のアーティスト達が集まり、
スケッチ、彫刻、イラスト、写真、パフォーマンスアートなど合わせて150点以上もの作品が展示された。

フューチャリングアーティストの一部名前を挙げると、Jamie Lynn, Mike Parillo, Jeff Anderson, Bryan Iguchi, Dan Peterka,
Jamie Heinrich, Matt Donahue,Chris Burkhart, Dave Seaoneなど。
そしてスペシャルゲストとしてEmbry Rucker, Yogi Proctor, Shepard Fairey, Mark Gonzalesらのオリジナル作品も展示された。

あるアーティストにとっては、 非常に個人的な作品を公開する場 という過去には無かった機会でもあり、
またあるアーティストにとっては、永年の仲間達と一緒に芸術作品を展示する機会ともなった。


Jamie Lynn.

中には1994年当時、早くもTシャツにスケッチしたジェイミー・リンの Pink is Punk も展示され、
その雑とほころび、汚れが正に当時の象徴とも言える作品となった。

ジェイミー・リンといえば昨年の9月に東京のSTORMYで開催予定だった個展が、
NYでのテロの影響で残念ながらお流れになったままになっている。
(過去のNEWSはこっちへ)

Volcomの公式サイトは www.volcom.com まで。