マイク・バシッチがArbor Snowboardsと契約した。

マイクは兄妹にティナ・バシッチが居る事でも知られ、
有名なスノーボードの大会に出場しては常にトップ10入りを保ってきたライダーだ。
基本的にはパークとパイプをホームに活動しているコンペティターだけど、バックカウントリーにもハマっているよう。
もちろんビッグエアーでも忘れてはいけない存在だ。
そして自分のアパレルブランドから世界中へのトラベリングまで、誰もが見る夢を成功させて来た男でもある。

今回Arborと契約した裏には、大きな企業での内部的な仕事に飽き飽きしたのと、
自分の経験と天然資源を生かした最高のボード作りを小さい会社で願ったのがあったからだそうだ。
「Arborで乗ることによって考えの自由と選択の自由が許されたよ。完全にフィットだね。」と語った。

マイクはArborが使用する竹材やコルク縦材、ダイヤモンドウッドレールなどの有機物を用いた素材にも興味を持った。
そして再生資源を使用するようにとArborと約束した。
「我々はマイクを動かし、マイクは我々を動かす。お互いの関係は完全になりたっているよ。
彼はただ板に乗っているだけじゃなくて、手助けもしてくれてるのさ。」とArborのボブ・カールソン氏が語った。