3月6日から11日の5日間に渡り418crewのホームマウンテンで知られる
カナダのケベック州はStonehamにてISF Canadian Masters(ISF・カナディアン・マスターズ)が行われました。

男子GSーResults

1. SCHOCH Philipp SUI F2 AUDI
2. GRABNER Siegfried AUT BURTON
3. SEGURA Christophe FRA BURTON
4. KESTENHOLZ Ueli SUI SCOTT
5. JAQUET Gilles SUI SCOTT USA
6. SALVATI Simone ITA BURTON
7. ANDERSON Jasey Jay CAN BURTON
8. MUTSCHLECHNER Hannes ITA F2-DEHN
9. FAWCETT Mark CAN HARDCORPS
10. GRUETTER Andre SUI BURTON

女子GSーResults

1. VON SIEBENTHAL Steffi SUI BURTON
2. BRUHIN Ursula SUI F2
3. KOECK Brigitte AUT F2OエNEILL
4. JAUFENTHALER Heidi AUT TD1BURTON
5. KRINGS Doris AUT OBERTAUER
6. HIMMLER Katharina GER TD1BURTON
7. DAL BALCON Isabella ITA OエNEILL
8. MEISSER Milena SUI F2
9. HOFFMANN Babsi AUT HOT
10. LIVERS Nadia SUI F2


男子GSを制したのはフィリップSchoch。
日本から参戦した成田智計は34位、鈴木浩司は36位でした。

女子GSを制したのはシエベンタール・ヴォン。
日本から参戦した斎藤道子は19位、田中アキラは24位でした。

男子ハーフパイプResults

1 SHAW Scott CAN SALOMON
2 CARPENTIER Brett CAN
3 BRUNNER Therry SUI NITRO
4 BEACH James CAN BURTON
5 BUMANN Daniel SUI NITRO
6 LAMOUREUX Justin CAN MLY 686 T
7 LUNDSOER Rune NOR VALHALL
8 HOFFMANN Xaver GER TD1BURTON
9 SCHWAB Marco SUI NITRO
10 MORRISET Guillaume CAN SALOMON
11 TUCKER Jerry USA BURTON
12 HITZ Marcel SUI FANATIC
13 KUMLEA Jesse CAN
14 CHIODI Ron USA STRATTON
15 LIEN Ivar NOR OXYGEN
16 PARE Philippe CAN PEDALIER
17 MCKAY T.J. CAN SURF SIMS
18 TETER Elijah USA BURTONOAK
19 EMOND Tyler USA BRTNARNET
20 GAGNON Charles CAN QCSPORTIF
21 N.A. Goripon JPN BURTON
22 LUEPS Vinzenz GER TD1BURTON
23 FORTE Cody USA BURTON
24 TAHARA Rio JPN FORUM
25 HATT Chris USA K2DCM60MS
26 DAVIS Brendan CAN
27 WYDEN Thomas SUI FANATIC
28 TREMBLAY Guillaume CAN BURTON
28 LAFORTUNE Gregoire CAN PIERTASSE
30 FARRELL Nathan USA BRTNSMITH
31 ROSENTHAL Cody USA ATLANTIS
32 HALL Ryan CAN SALOMON
33 GARRITY Dan USA BURTON
34 MARTINEAU Yves#1 CAN QUANTUM
34 MAXWELL Greg USA LIBTECHDC
36 HARLOS Nick CAN IRISFORCE
37 BELISLE Renaud CAN ROSSI OAK
38 MELANCON Paul Hugh CAN
39 FOOTE Paul USA SIMS
39 SASIADEK Marek POL BURTON

女子ハーフパイプResults

1 BRUN KJELDAAS Stine NOR DUOTONE
2 CLARKE Kelly USA BURTON
3 THORESEN Christel NOR BLAX
4 REUTELER Fabienne SUI ATOMIC
5 RICKER Maelle CAN BURTON
6 VALLEE Dominique CAN BURTON
7 ROTH Daniela SUI OエNEILL
8 ROY Manon CAN BURTON
9 SCHULER Andrea SUI DUOTONE
10 BEACH Emily CAN SKATERS
11 BRUNEAU Josiane CAN RIOTKOMBI
12 QUIRICI Lisa SUI 55DSL
13 SCHWARZ Nevin USA ROSSIGNOL
14 YOSHIKAWA Yuri JPN AIRBORN
15 HADAR Laura USA ASVT
16 PESKO Manuela L SUI BURTON
17 STEINBAUE Annette GER BILLABHMR
18 DAVIS Susi CAN
19 SAWYER Natalie CAN
20 GAUTHIER Anne-Mari CAN RIDE
21 THOMPSON Leslie USA OKEMO MTN
22 PICHE Isabelle CAN PACLARSON
23 LARISCH Jenny GER SCOTT
24 WATSKY Rebecca USA OKEMO MTN
25 THEBERGE Melissa CAN OAKLEY
26 JACOBELLI Lindsey USA BURTON



男子ハーフパイプを制したのはスコット・ショウ。
「人生の中でとっても大きな勝利だよ。賞金の使い道はまだ解らないけど、多分、車を買うよ。」とスコット。
マックツイスト、インバーテッド720°などを含む3つのインバーテッドエアーで高得点を上げ勝利を手にしました。

2月に行われたTOYOTA BIG AIRで優勝したここ4-SNOWでもお馴染みギョーム・モリセットは第10位。
この日のパイプのコンディションは悪くボトム落ちも何度となくあったそうです。

我等がRio選手は、ついこないだまで日本に居たかと思ったら、今度はカナダの大会に出場。
かなりのハードスケジュールの上に怪我続き・・・。
それでもファイナルの24名枠に残ったのはさすがですね。
クオーター・パイプで得意のバックサイドロデオをクラッシュしてしまい肋骨を折ったとか折らないとか・・・。

同じく日本から参戦したN.A. ゴリポンは21位。
Rio選手と共に日本人選手2人ともファイナル進出したとは嬉しいですね。

女子ハーフパイプを制したのは今シーズン圧倒的な強さを見せているスティーネ・ブルン・チェルオス。
この人が出場すれば必ず優勝しているってくらい今季は絶好調です。

日本からただ一人参戦した吉川由里は14位でした。
ゆりっぺの活躍を最近見て無いので頑張って欲しいですね。

詳しくは www.ski-stoneham.com へどうぞ!