1月20日(日)2002 Winter X Gamesのスロープスタイルが行われた。
(スーパーパイプの結果はこちらへ)

レール、ファン・ボックス、ピクニックテーブル、キッカー、そしてサメの背ビレと名付けられたクォーターパイプの
テッペンにレールが備え付けられたアイテムなどでコースが設計された。

もちろんこの男子スロープスタイルも世界の強豪達が顔を揃えている。
昨年の勝者ケビン・ジョーンズ、昨年のシルバーメダリストのトッド・リチャーズ、そしてピーター・ライン、
ビヨーン・ライナス、ジェレミー・ジョーンズ、JP・ウォーカーといったFORUMチームまで集まった。


Travis Rice.

しかしこのゲームを制したのは19歳の若手頭トラビス・ライスだった。
ジャクソンホールをホームに持つ彼はそれを象徴するかのような素晴らしいランで高得点を叩き出した。
レールスライド、大きなBS180°、そしてcab900°を出してくるかと思わせておきながら、
クレイジーで且つクリーンなBSロデオをメイクして審判員に印象付けたライディングだった。

「1本目のランでは無難な点数を狙ってたんだ。そこから上がって行けばいいやってね。
それで最後に何かをしでかさなくちゃいけなかったんだ。」とトラビスが語った。


Shaun White.

15歳ショーン・ホワイトはスーパーパイプに続きここでもシルバーメダルを獲得した。
FS720°、BS720、そして大きなcab900°などをメイクした。
「BS720°に凄くかけてたんだ。ずっとそれをやるのを見送ってたんけどここで出さなくちゃって思ったよ。
幼かった頃に怪我しちゃったトリックだから怖かったんだよね。」とワンダーボーイ、ショーンが語った。

昨年のゴールドメダリスト、ケビン・ジョーンズは新しいスノーボードブランドJeenyusでの登場だ。
しかしクレイジーなレールトリックなどを見せたにもかかわらず4位に終わった。

32歳現役ベテランのトッド・リチャーズは真のコンペティターだ。
270 to ボードスライドや、きれいなcab900°などで3位に位置づけた。
この日は新しく生まれたトッドの息子カムデンちゃんも来ていたそうだ。



Tara Dakides with the new board company Jeenyus Snowboards???

女子スロープスタイルを制したのは女王タラ・ダキデス。
きれいなボードスライド、ハーフキャブ to ファン・ボックス to 180°アウト、
大きなバックフリップなどで高得点90.00ptを叩き出し文句なしの優勝だ。

「yeah!2本目が上手く行って、充実したライディングだったわ。」とタラが語った。

男子スロープスタイルResults 女子スロープスタイルResults
1. Travis Rice
2. Shaun White
3. Todd Richards
4. Kevin Jones
5. Chris Engelsman
6. Travis Williams
7. Jussi Oksanen
8. Nico Droz
9. Jeff Anderson
10. Aaron Bishop
11. Dave Downing
12. Travis Parker
13. Rahm Klampert
14. Ryan Lougee
15. Tom Gilles
16. Marc Frank Montoya
17. Kurt Wastell
18. Jeremy Jones
19. Jason Borgstede
20. Bjorn Leines
21. J.P. Walker
22. Peter Line
23. Josh Dirksen
1. Tara Dakides
2. Janna Meyen
3. Barrett Christy
4. Line Oestvold
5. Hana Beaman
6. Marni Yamada
7. Emily Thomas
8. Dresden Howell
9. Megan Pischke
10. Ming Kao
11. Juanita Platz
12. Jaime MacLeod
13. Annie Boulanger
14. Sara Osterberg
15. Katrina Voutilainen