竹内智香さんと愛犬のチャンスソチ五輪が終わってから毎月、北海道・旭川の自宅に帰る機会があって、チャンスの散歩をしています。人なつっこくて、9歳になっても、やんちゃです。私も父もラブラドルレトリバーが好き。前に飼っていたヨークシャーテリアが死に、私は飼うつもりはなかったんですけど、ある日突然、父が飼い始めたんです。

はじめは、父の言うことは聞くけど、私は友達みたいな扱いでした。散歩に連れて行くと、はむかってくる。完全になめられていましたね。人のペースで歩くのが苦痛らしく、長いリードをつけて動き回るのが好きみたいです。雪山で自由に遊ばせることもあります。ボールを投げると喜んで取りに行きます。
名前は「チャンスをつかめるように」と父がつけました。何かお願いしたいことがある時は、父は犬の面倒を普段以上によくみるんです。ほえると縁起が良いとか言ったりして。私が大会で良い結果を出した時も、「犬のおかげだ」と言ってましたね。

スノーボードや仕事では、ずっと頭を働かせている状態ですが、チャンスと一緒にいるときは無欲になれます。本当に何も考えなくていい。心が落ち着きます。

しばらく競技から離れた生活をしてみて、やっぱり選手としてやっていきたいという気持ちが強くなりました。また良い結果を出せるようにがんばりますので、次のW杯や世界選手権に注目してもらえるとうれしいです。まずは一日も早くベストな状態に体を戻したいです。

犬を連れて走る? 途中で犬が座り込むんで、運動にはならないですね(笑)。

■たけうち・ともか 1983年生まれ。ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転銀メダル。7月3日に「私、勝ちにいきます」(小学館)出版。広島ガス所属。

■チャンスはメスのラブラドルレトリバー。「黒毛が格好いい」と竹内さん。(9歳)

(朝日新聞)