気象庁は31日、低気圧が本州南海上を発達しながら通過し、夜にかけて東日本と東北地方の太平洋側で大雪となる恐れがあり、元日にかけては日本海側を中心に大雪になるとして、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、西日本では31日午前、内陸部や山沿いで雪になっている所がある。低気圧通過後は今冬一番の強い寒気が日本付近に流れ込み、元日にかけて九州から北海道までの日本海側を中心に大雪や吹雪となる所があり、全国的に季節風も強まって海上はしける見込み。

 元日昼までの24時間に予想される降雪量は多い所で、北陸、甲信(長野県)で60センチ、中国、東海(岐阜県)、関東北部、東北で30−50センチ、九州北部、近畿北部、北海道で20センチ、九州南部、四国、近畿中南部、東海(岐阜県を除く)、関東南部、甲信(山梨県)で5−20センチが見込まれる。

(共同通信)