21日の日本列島は依然として冬型の気圧配置で、東北地方を中心に日本海側で雪が降り続けている。西日本と関東甲信地方北部では大雪の峠は越えたが、北日本の日本海側と北陸地方では、22日朝にかけて新たな寒気が流れ込むため、気象庁は大雪に対する警戒を呼びかけている。(毎日新聞)