日本列島は30日、冬型の気圧配置が強まった。今後2月3日ごろまで強い冬型の気圧配置が続くとして、気象庁は大雪や低温、強風などへの注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、三陸沖に発達中の低気圧があり、日中には日本海の上空5500メートル付近に氷点下36度以下の寒気が流れ込む。

 このため日本海側を中心に大雪となる恐れがあり、31日朝までに予想される降雪量は、新潟と岐阜、東北の日本海側で40−50センチ、北陸、関東甲信北部、北海道で20−30センチの見込み。

 また、広い範囲で西または北西の季節風が強く吹き、海上はしける。