気象庁によると、日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、31日朝までに北日本から東日本の日本海側を中心に大雪の所が出ている。31日夜から1日にかけて上空では零下36度以下の寒気が北日本から西日本まで南下する予想で、大雪、暴風、高波などの荒れた天気が西日本、東日本に移る見込みだ。

 31日4時まで24時間の降雪量は青森県酸ケ湯で47センチ、福島県只見で50センチ、新潟県関山で64センチなど。

 1日6時までの予想降雪量は多いところで、北陸で80〜90センチ、

東海(岐阜県)、東北日本海側、関東甲信北部(長野県、群馬県)で50〜60センチの見込み。

 西日本でも中国の山沿いで70センチ、近畿北部の山沿いで40センチ、四国・九州北部・九州南部の山沿いで10〜20センチ、中国の平野部で30センチ、近畿北部の平野部で15センチ、四国・九州北部・九州南部の平野部で5〜10センチの予想だ。

 強い冬型の気圧配置は2月3日ごろにかけて続く見込みで、低温にも注意が必要。