日本付近は冬型の気圧配置が続き、北陸地方や長野、岐阜、鳥取各県では昼ごろにかけて大雪に警戒が必要で、近畿北部や東北の日本海側でも山沿いを中心に断続的に雪が強く降る恐れがあるとして、気象庁は2日、吹雪や降雪による視界不良、積雪や路面凍結による交通障害などに注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、3日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも山沿いの多い所で、北陸、関東甲信(長野、群馬県)が70センチ、東北の日本海側が60センチ、東海(岐阜県)、近畿北部、中国が40―50センチ。西日本上空の強い寒気は次第に弱まり、西日本の大雪も徐々に弱まる見込み。

 また、北日本から西日本にかけて広い範囲で北西の風が強く、予想最大風速は陸上で13―18メートル、海上で18―23メートル。波も日本海側、太平洋側とも高い所で4―6メートルになるという。