16日の県内は、低気圧が発達しながら接近した影響で全域で雪となった。17日昼すぎにかけて断続的に降り大雪となる見込みで、盛岡地方気象台は交通障害や倒木、雪崩などに注意を呼び掛けている。

 16日午後8時までの24時間降雪量は一関・祭畤23センチ、一関19センチ、北上18センチ、遠野16センチ、雫石、区界14センチ、盛岡13センチ、宮古11センチ、大船渡10センチ、二戸9センチなど。17日夕までの24時間予想降雪量は多い所で平地30センチ、山沿い50センチ。

 県警高速隊によると、16日午後8時までに、吹雪のため東北自動車道西根インター以南、秋田道北上西―北上ジャンクション間、釜石道花巻空港―花巻ジャンクション間のそれぞれ上下線が通行止めとなった。

 日本航空花巻空港営業所によると、同日午後発着の全10便は吹雪のため欠航した。同気象台によると、17日の県内は低気圧や気圧の谷の影響で全域で湿った雪が降る。内陸では昼すぎ、沿岸では夕方から曇りとなる見込み。気温は平年より高くなりそうだ。