MFMの加入でパワーアップしたNitroの気になる05/06シーズンのチームライダーが発表された。

WORLD TEAM:
Lukas Hoffman(ルーカス・ホフマン)
昨シーズン、KIGPINプロダクションの解散によってマックダウプロダクションでパートを持ちバックカントリーを中心に活躍しているライダー。

Marc Frank Montoya(マーク・フランク・モントーヤ)
リアライズの強力プッシュにより実現したスタイルの王様。05-06シーズンより新たにスタートする新生Nitroのシンボル的存在。これによりバックカントリー中心のLukas HoffmanとMFMのスタイリッシュ・オールラウンダーが融合した新たなブランドイメージを確立した。05/06シーズンより3年契約。

Andrew Crawford(アンドリュー・クロフォード)

Eero Ettala(イェロ・エッターラ)
パークを中心に活躍するライダー。今シーズンもスタンダードフィルムよりリリースされた「LOST IN TRANSITION」でもオープニングパートを飾っている。
12月30日〜31日にスイスで行われたO'neill SB-JAMでルーラー・オブ・ザ・レールと、ルーラー・オブ・ザ・キッカーで2冠を勝ち取り(ルーラー・オブ・ザ・パイプは同じくNitroのジャコモ・クラッターが獲得)上位2名に与えられるアークティックチャレンジへの出場権TTR(チケット・トゥ・ライド)を獲得した。
先日、札幌で開催されたTOYOTA BIG AIR 2005では、大会最高得点をも叩き出すダブルバックフリップを決め、見事勝利に輝いたのも記憶に新しい。

Etienne Gilbert(エティエンヌ・ギルバート)
カナダのローカルプロダクションを中心に活躍するライダー。全世界でも指折りのオールラウンダー。

INTERNATIONAL TEAM:
Eril Christensen (USA)
Matty Ryan (USA)
Brandon Ruff (USA)
Jessica Dalpiaz (USA)
Thomas "BECKNA" Eberharter (Austria)
Sin Campos (Canada)
Rube Goldberg (Canada)
Filippo Kratter (Italy)
Giacomo Kratter (Italy)
Atsushi Ishikawa (Japan)

JAPAN TEAM:
石川敦士
昨年度よりNITROチームに加入した看板ライダー。05-06シーズンもNITROライダーとして契約を完了。日本国内で有数のメディアに対する露出力を持っている。

佐藤慎二
南雲武仁
鈴木裕司
清水ひさえ

問い合わせ先:
有限会社リアライズ
TEL 03-5665-6611
http://www.realizeinc.jp/