群馬県警は18日、同県片品村の牧場アルバイト、石橋一容疑者(40)を大麻取締法違反(栽培)容疑で、同村のホテル従業員、鈴木寿和容疑者(37)を同法違反(所持)容疑でそれぞれ逮捕した。

石橋容疑者は1997年の全日本スキー選手権スノーボード男子ハーフパイプで優勝。全日本スキー連盟のジュニアチーム強化コーチも務めた。
石橋容疑者の逮捕容疑は18日午前11時ごろ、村内の休耕田で大麻草約10本を栽培していたとしている。

鈴木容疑者は同日午前10時40分ごろ、自宅で乾燥大麻草1袋を所持していたとしている。2人は友人で、ともに容疑を認めているという。

県警によると、8日に村民から「大麻草が入った発泡スチロール箱が休耕田にある」と通報があった。
(毎日新聞)