ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルを獲得し、去就が注目されている竹内智香(30)=広島ガス=がこのほど帰道。スポーツ報知の取材に応じ、現役継続へ強い意欲を示した。

7日にスイスから帰国、8日の「びえいヘルシーマラソン」スターターなどを務めた竹内は、渡欧中に専属コーチとして銀メダル獲得の支えとなったオーストリア人のフェリックス・スタドラー氏(42)と契約延長を話し合い、好感触を得たことを明かした。
竹内はソチ五輪後、引き続き同コーチから指導を受けることを現役続行の大きな条件としていた。

竹内は「競技を続けたい気持ちは強い。今後は、所属先を含め国内での環境整備ができるかを確認し、8月に(進退)を決定、皆さんに報告したい」。
(スポーツ報知)