ソチ五輪の銀メダルを掲げてみせる竹内選手(尾道市西御所町で)ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転銀メダリストの竹内智香選手(30)(広島ガス)のトークショーが24日、尾道市西御所町のオリーブ広場で開かれた。サイクリング客や市民ら計約300人が耳を傾けた。

25日にあるサイクリングイベント「瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会」(実行委主催)に合わせて開催。竹内選手はシーズンオフにしまなみ海道でサイクリングを楽しんだり、県北部で子ども向けのスノーボード教室を開いたりしている。
竹内選手はトップレベルのスノーボードを学ぶため、単身スイスに渡ったことや、毎日2時間程度、自転車を用いたトレーニングをしていることなどを紹介。「尾道はそばに海を感じられ、大好きな街。五輪の際は、広島の皆さんが北海道出身の私に、地元出身者のような優しい声援を送ってもらえた。おかげでプレッシャーを感じずに滑ることが出来ました」と話し、銀メダルを掲げると、会場からは大きな拍手が湧いた。

同市向島町の主婦、本城綾子さん(40)は「トップアスリートの意志の強さを感じた」と感心していた。
(読売新聞)