スポーツサングラス、利用のハードル……利用者の満足度は高いのにアイウェアの製造、販売を手がけるオークリージャパンでは、日差しが強くなっていくこれからの季節に合わせ、「スポーツサングラスに関する意識・実態調査」を実施した。

スポーツサングラスの利用率は低いが、利用者からの支持は根強い。
調査対象は「定期的にスポーツを行っている人」。こうした人たちにおける、スポーツサングラスの利用実態や、そのメリット、使わない理由などを調べた。

本調査では、定期的にスポーツを行なう人においても、スポーツサングラスの利用率は37%にとどまった。しかし、利用してみれば感じられるメリットは大きく、利用者の満足度も高いことも分かった。機能性についても利用者からの支持は根強い。「スポーツサングラスで、スポーツのパフォーマンスが上がった」という人は75%に上る。

■ スポーツサングラスの利用率… 定期的にスポーツをしている人の37%

はじめに、スポーツサングラスを利用している人の割合を調べた。「スポーツサングラスを利用することがある」という人は3人に1人程度で、調査対象としたのが定期的にスポーツを行なっている人であることを考えると、多い割合ではない。

どのようなスポーツで、スポーツサングラスは利用されることが多いのか。「スポーツサングラスを利用することがあるスポーツ」を複数回答形式で聞いたところ、最も多くの人が選んだのは、14%が選んだ「ゴルフ」と「ランニング・マラソン」。以下、「スノーボード、スキー、スピードスケート」(10%)、「アウトドア」(8%)、「自転車」(5%)と続く。これらのスポーツは、その他のスポーツに比べて、比較的長時間、屋外でプレーをすることが特徴だ。そのため紫外線の影響も大きいと言える。

■ちょっと気になる、周囲の視線

利用率があまり高くなかったスポーツサングラスだが、背景には何があるのか。今回の調査では、「スポーツ時に日差しよる悪影響を感じたことがある」という人は75%。さらに、「スポーツ時に、スポーツサングラスが欲しいと感じたことがありますか?」とたずねると、「ある」という人は79%と、8割近くにのぼる。ニーズは決して低くない。

では、なぜスポーツサングラスの利用率は低いのか。「スポーツサングラスを利用しない」という人に、「スポーツサングラスを利用しない理由」を自由回答形式で答えてもらった。


この質問には、「似合わないという先入観があるから。(茨城県・30歳女性)」、「あまりかわいいデザインがないから。(神奈川県・32歳女性)」というように、女性からはデザイン性やファッション性を気にする回答が多くあがった。男性から多く寄せられたのは、「格好つけていると思われそうだから。(東京都・42歳男性)」、「目立つから。(京都府・47歳男性)」というように、周囲の視線を気にする声だった。全体的に、先入観やイメージを理由にあげる人が多い。

スポーツサングラスに対する憧れもあるようで、「スポーツサングラスをしている人が、格好良く見えたことがある」という経験は、51%。2人に1人は、スポーツサングラスが格好良いと感じていることも明らかになった。

■利用者の満足度は96%

スポーツサングラスを利用している人たちの意見も聞いた。「スポーツサングラスを利用していて、良かったと感じますか?」と聞いたところ、利用者の96%が、「スポーツサングラスを利用していて良かったと感じる」と回答。利用者におけるスポーツサングラスの満足度は高い。

メリットを複数回答形式で答えてもらったところ、「目への紫外線の影響を軽減できる」(59%)という回答が最多。その他、「目が疲れない」(30%)、「目に砂や虫が入らない」(27%)、「目が乾燥しない」(14%)といった回答があげられた。

メリットについては、「日差しの強い日には、スポーツサングラスを利用すると、疲労の度合いが明らかに小さい。(広島県・49歳男性)」、「紫外線対策になり、ゴルフのラウンド後などはサングラスをしていない時より、目の疲れや乾燥を防ぐことができたと明らかに感じられる。(岡山県・40歳女性)」といった声があげられている。

スポーツサングラスに関する意識・実態調査
●調査方法:インターネット調査
●調査期間:4月15日(火)〜17日(木)
●調査対象:20代〜40代の男女500名
※性別・年代別に均等割り付け
※毎週スポーツを行っている人:250名
※ 1ヵ月に1回程度はスポーツを行っている人:250名

●オークリーについて…1975年設立、米国カルフォルニア州、フットヒル・ランチに本社を構える。これまでに全世界で約540以上の特許を取得、様々なスポーツジャンルにおいてトップアスリートが使用している。アイウェアだけでなく、純正度付レンズ、アパレル、フットウエア、アクセサリー市場においても製品を展開している。