ソチオリンピックで大活躍したスノーボード日本人チームを陰で支えたとして、「かがやき松山大賞」が送られた。

受賞したのは、松山市内でスポーツ選手向けのリハビリ施設を運営する島崎勝行さん(49)。
島崎さんはソチオリンピック、男子ハーフパイプでメダルを獲得した平野歩夢選手や平岡卓選手の体調管理や体のケアを担当し、メダル獲得に大きく貢献した。

島崎さんは、「メダル獲った瞬間っていうのは金とか銀とかそうじゃなくて、メダルが獲れたというだけですごい感動だったですね」とコメントした。
(南海放送)