「春スキー」に向けスノーマットを整える組合員ら=静岡市葵区の「リバウェル井川」静岡市葵区井川の市営スキー場「リバウェル井川」で、26日から始まる「春スキー」を前に23、24の両日、施設の整備作業が行われた。

管理・運営するリバウェル井川運営組合の組合員や市職員15人ほどが、滑走するために敷き詰めた全長230メートル、平均幅16メートルのプラスチック製「スノーマット」のズレや傷みを調べ、リフト施設を点検して営業開始に備えた。
同組合の桶沢正組合長は「新緑の映える山々を見ながらスキーをぜひ楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。山あいらしくゲレンデの一部にはまだ雪が残る。

春スキーの営業は5月31日までの土、日、祝日のみ。初日は、餅つきなどのオープニングイベントが開かれる。問い合わせは同スキー場<電054(260)2316>へ。
(@S[アットエス] by 静岡新聞)