メダルを手に笑顔を見せる(前列左から)平野、渡部暁、葛西、竹内、(後列左から)小野塚、平岡、伊東、竹内、清水◇スキー連盟ソチ五輪顕彰式・祝賀会(2014年4月16日)

スノーボード・ハーフパイプの10代コンビは、メダリストとしての注目に慣れない様子だった。平野は「町でも話し掛けられやすくて大変」と語り、平岡も「地元の関西ではどこに行っても気づかれる。大変やけどうれしい」と苦笑いした。
今春からはそれぞれ開志国際高、立命大に進学。平野は「新設校で中学も違う子ばかり。まだなじめてないけどみんなと仲良くしていきたい」と新生活に期待を込めた。
(スポニチアメックス)