等身大パネルや用具を展示(こども未来館で)豊橋市と豊川市出身のプロスキー・スノーボード選手を紹介する「白銀の世界で魅せるプロアスリート展」が、豊橋市松葉町のこども未来館企画展示室で開かれている。

地元出身の3選手を紹介し、愛用道具などを展示している。24日まで。
会場には、豊橋市出身の鬮目(くじめ)将大さん(41)と杉浦永介さん(23)、豊川市出身の清原瞳さん(34)の活躍ぶりを紹介。鬮目さんはスキーボード、杉浦さんと清原さんは、スノーボードの世界大会などで獲得したトロフィーやメダルなどを展示している。各選手のウエアやボードなどに直接触れながら、写真撮影することもできる。

同館は本年度、地元のグルメやキャラクターなどに焦点を当てて紹介する「ご当地プロジェクト」を実施していく。第1回として、子どもたちに人気の高い職業のプロアスリートの魅力を紹介する内容とした。

展示会用に各選手が質問に答えたパネルも展示。スキー・スノーボードを始めたきっかけや経歴、趣味などを知ることができる。
(東日新聞)