やっぱり真央ちゃんはここ一番で強かった!グリーンジャンボ宝くじは、本誌が「“真央ちゃん売り場”で5億円ジャンプ!」と予想したとおり、ソチ五輪日本代表と縁のある売り場で、1等・前後賞合わせて5億円が何本も飛び出している。

まず、女子フィギュアスケートの浅田真央、村上佳菜子選手の出身地・名古屋市の『名駅前CC』。
「2人が中学校まで毎日練習していたのが市内の大須スケートリンク。大須といえば大須観音が有名で、当時は真央ちゃんたちも必勝祈願していたとか。そんな2人の活躍にあやかろうと、販売員の1人が五輪直前、大須観音の豆まきに行って当選祈願。すると本当に5億円が出たんです」(販売員・岡村広子さん)

ジャンプの葛西紀明選手が所属する土屋ホームの河本謙総監督は、男子ラージヒルの当日、地元札幌市の白石神社で必勝祈願をしている。

「白石神社は境内に霊泉が湧くパワースポットとして札幌では有名。私も25年間、かかさず初詣でに行っています。葛西選手がメダルを取って札幌に元気をくれた。この5億円もレジェント効果です」と札幌市『大通地下CC』販売員・境美保さん。

女子ジャンプの高梨沙羅選手が昨年夏、個人合宿を行ったのが秋田県鹿角市花輪スキー場。そのそばにある『清水商店』からも5億円が出た。

「近くの日帰り温泉にも彼女の記念写真が大きく貼られています。もう町をあげて応援しました」(清水順義社長)

男子フィギュアスケートの町田樹選手が、今年家族で初詣でに行ったのが鳥取県倉吉市「賀茂神社」だ。『いない倉吉中央CC』の相川正一店長は言う。

「倉吉には町田選手の実家があるんです。その日、ウチの販売員も賀茂神社に初詣でに行っていてニアミス。町田選手の今の勢いが5億円を招いたのかと、販売員が興奮気味に話してました」
(女性自身)