パルコール嬬恋(株)(TDB企業コード220348649、資本金1000万円、群馬県吾妻郡嬬恋村大笹1832-1、代表伊藤明夫氏、従業員25名)は、3月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は野間昭男弁護士(東京都千代田区内幸町2-1-4、電話03-3500-2742)ほか2名。
当社は、1988年(昭和63年)3月に設立された第三セクターが前身。同法人がバブル崩壊で計画通りの業績推移とはならず、大幅な債務超過に陥っていたため、第2会社として別会社の出資を得て事業を承継し、2005年(平成17年)3月に設立されたリゾートホテル、スキー場、ゴルフ場の経営業者。ホテル部門の「パルコール嬬恋リゾートホテル」(135室)は「パルコール嬬恋スキーリゾート」と直結しており、冬場はスキー客で、夏場は散策客やトレッキング客を顧客としていた。

ゴルフ場は上信越自動車道・碓氷軽井沢インターから45キロに立地するリゾートコースの「パルコール嬬恋ゴルフコース」(18H)で、いずれも主に首都圏からの個人・ツアー客を中心とし、2007年3月期には年収入高約11億4000万円をあげていた。

しかし、長年のスキー離れなどの影響からスキー客が減少傾向で推移していたほか、リーマン・ショックなどの影響による消費低迷や競合激化でゴルフ場収入も頭打ちとなり、2013年3月期は年収入高約7億2800万円に落ち込んでいた。

損益面も収入高減少で営業損益から赤字となっていたことに加え、前身会社から継承した金融機関からの借入金や親会社からの借入金が重荷となっていたことから赤字計上が慢性化し、債務超過に転落していた。こうしたなか、自力再建を断念し民事再生法による再建を目指すこととなった。

申請時の負債は約27億円。

(帝国データバンク)