スノーボードの全日本選手権男子ハーフパイプで優勝した片山来夢=ニセコ花園スノーボードの全日本選手権第1日は30日、北海道ニセコ花園スキー場でハーフパイプ(HP)が行われ、男子は昨年の世界ジュニア選手権で7位に入った18歳の片山来夢(クニヒロク)が88・75点で初制覇し、0・25点差の2位に今井郁海(上田ク)が続いた。

ソチ冬季五輪代表の青野令(日体大)は83・00点で3位、子出藤歩夢(日体大−北海高出)は10位だった。
女子は14歳の今井胡桃(上田ク)が72・00点で大会史上最年少の優勝を果たし、2位は佐藤亜耶(新潟県ク)、3位は本多未沙(国士舘大)だった。

ソチ五輪男子の銅メダリスト平岡卓(フッド)は腰痛で棄権した。
(北海道新聞)